【楽天アフィリエイト】日本最大級のアフィリエイトプログラム

商品・施設名で探す
ページのURLを入力

高料率ショップから探す
高料率ショップ一覧
商品別報酬ランキング
高料率ショップランキング
商品 / ショップから探す
楽天市場のバナー
楽天グループから探す
有名ショップから探す
ジャンルから探す
その他の紹介方法
簡単リンク作成ツール
楽天モーションウィジェット
Twitter,SNSで紹介する
メールで紹介する
成果レポート
お知らせ

初心者の方はこちら
これからはじめる方へ
楽天アフィリエイトとは?
楽天アフィリエイトのはじめ方
商品やショップの探し方
使い方を知りたい方へ
アフィリエイトリンクの作成方法
アフィリエイトレポートについて
成果報酬・料率ランクについて
ショップの料率制度について
よくある質問集
ノウハウを知りたい方はこちら
成果報酬アップを目指そう
みんなで作る アフィリエイト ノウハウ道場
[1]アクセスアップの秘訣とは?
[2]売上ゼロからの脱出方法
[3]サイトのテーマを決めるコツ
[4]商品を選ぶコツ
[5]記事の作り方(文章)
[6]記事の作り方(画像/レイアウト)
[7]効率的なアフィリエイトのコツ
[8]みんなの成功話&失敗話

アフィリエイト活用事例

北欧インテリアを目指して、お家のこと、北欧雑貨のこと、楽天で購入したものなどを紹介しています。
1カ月の獲得
7,330ポイント

冷えとり靴下を履きながら手作りできるものは手作りで...
1カ月の獲得
-
続きを見る >>

実用品からぜいたく品まで、私が実際に購入した...
1カ月の獲得
21,000ポイント
続きを見る >>
活用事例に応募する >>  

楽天レシピに投稿してアフィリエイトをはじめよう!
楽天アフィリエイトトップアフィリエイトノウハウ道場記事の作り方のコツ(画像/レイアウト編)
みんなで作るアフィリエイトノウハウ道場〜Part6〜 思わず買いたくなる記事の作り方のコツ(画像/レイアウト編) 楽天アフィリエイトを活用しているパートナーの声を集めました!
みなさんは商品を紹介する際に、紹介した商品を買ってもらうためにどんな工夫をされているでしょうか?画像リンクとテキストリンクの使用方法、文章とバナーの配置方法、商品を使用している際の写真の撮り方などについて、パートナーのみなさんが考える、「思わず買いたくなる記事の作り方のコツ(画像/レイアウト編)」をご紹介します。
皆様の体験談を踏まえたノウハウなどをお教えください。アンケートはこちら>>
■アフィリエイトノウハウ道場シリーズ
▼Part1 アクセスアップの秘訣とは? ▼Part2 売上ゼロからの脱出方法 ▼Part3 サイトのテーマを決めるコツ
▼Part4 成果をあげやすい商品選びのコツ ▼Part5 記事の作り方のコツ(文章編)
▼Part6 記事の作り方のコツ(画像/レイアウト編) ▼番外編 アフィリエイト用語集
画像の見せ方のコツ
画像サイズ
使用画像
画像枚数
写真の撮り方
画質
その他
アフィリエイトリンクの使い分け方のコツ
テキストリンク
バナー
その他
見やすいレイアウトのコツ
テンプレート
メニュー/カテゴリー
その他
画像の見せ方のコツ
画像サイズ アフィリエイト用語集はこちら>>
小さい画像のほうが成果が上がる派
大きい画像は読み込みに時間がかかる。小さい画像だと、数枚載せることができるので、商品イメージをつかむのに役立つから。(H.M.さん)
なんだろこれ?と思ったら、クリックしたくなるものです。画像は小さめで、クリックしないとはっきり見えないものがいいと思います。バナーの近くにテキストをおくなら、タイトルとヒントくらいで、あまり詳しくは書かないほうがいいと思います。(M.O.さん)
小さい画像をつけてもっと大きくみたい→クリックしてもらう。(A.A.さん)
画像だけだと、小さいほうは不利だけど、そこにコメントを載せると「え?そうなの?」って思わず開いて見たくなる心理を利用。(M.M.さん)
小さい画像でも興味がある人は見てくれると思う。購入してなんぼだから、興味のある関連商品を沢山貼り付けられるし、小さいほうが効果的な気がする。(E.K.さん)
大きい画像のほうが成果が上がる派
以前は小さい画像を利用していました。何が写ってるかわかりづらいと、気になってクリックするかな?と思ったのですが、実際自分が見る方の立場に立つと、わかりづらい写真はまずクリックしようとしないんです。なので、同じ商品で、安いけど写真がわかりづらいのと、ちょっと高いけど一目見てわかりやすい写真なら後者を紹介することが多いです。(K.K.さん)
自分のサイトの商品情報を見た来訪者が、必ず商品ページにアクセスするとは限らないものです。というより時世柄、初めて訪れた信頼性の不明なサイトのリンクをクリックする勇気は、むしろなかなか持てないものです。実際私自身、訪問先で目にしたその商品に興味は持ってもクリックに至らないこともありました。そんなとき、少しでも大きな画像で、商品の外観がなるべく詳しくわかるといいな…と思うことも。逆に大きな商品画像を用いて、できるだけ商品の詳細を示すことにより、信頼性も得られるような気がします。大きな商品画像は絶対に必要だと思います。(N.M.さん)
文字よりもビジュアルに訴えるほうが効果が上がると思っています。ただ、どんなに大きな画像でも、用意されている画像に商品の特徴が明確に表現されていない場合もあり、その場合には文章で補足説明しています。(M.M.さん)
その他
特におすすめしたい商品は大きな画像を使い、「こんなのもあるみたい」程度の商品なら小さい画像を使う。1つの記事にたくさん画像を貼るよりも、毎日1つ貼るほうが見る側にとっては見やすいと思う。(Y.N.さん)
写真だけでよくわかるものなら大きくすれば良いし、説明を読んでもらいたいものなら小さめにして、クリックしてもらい詳細情報をみてもらう方が効果的だと思います。(M.I.さん)
成果があった中で、画像の大小が影響している感じはない。自分が購入する時も画像の大小で気持ちが変わることはない。大小よりも鮮明さは大切だと思う。(F.Y.さん)
日記などでレビューを書く際は、大きい画像などを使い見やすくしますが、テーマ別に構成した様なページでは、より多くの商品を見せたいので小さめの写真を使用しています。(N.C.さん)
画像枚数 アフィリエイト用語集はこちら>>
画像リンクを数多く増やした場合、見た目が雑然としてうっとおしく感じてしまうので、極力少なめに。ただし、テキストリンクならばその数はあまり気にしなくても良いと思う。大きい画像は極力少なめに。(R.S.さん)
商品はアップ(寄ったもの)と全体像の2枚あるほうがいいと思います。(M.A.さん)
写真は、大きく前、後ろ、斜め、と分かりやすくするといいと思います。写真が重要視すると思いますので。(K.A.さん)
画質 アフィリエイト用語集はこちら>>
色々な店舗から商品が出ているが、店によって画像のイメージが全く違うので、なるべく同じようなイメージのものを並べて統一感をだす。(T.O.さん)
同じ商品でも、写真の良いものを使ったり、他の物を購入したくなるお店(送料●●円以上お買い上げで無料など)のものを利用します。(H.J.さん)
使用画像 アフィリエイト用語集はこちら>>
使用前、使用後の写真を載せると信憑性が増しますね。(Y.M.さん)
梱包状態から開封までの画像も載せて、写真主体で載せる。(Y.E.さん)
ショップに掲載されている画像だけでなく、デジカメなどで撮った商品の画像を掲載する。例えば、Tシャツなどの商品なら実際に着用している画像や平置きの状態の画像など、色んなパターンの商品の画像を掲載した方がより購入者にわかりやすいのでいいと思います。(T.H.さん)
着用画像の需要は高いと思う。特にアフィリエイト先にて着用画像がない場合は参考になるので。レビューページでも載せるとそこからブログに来てくれる人もいたりしてアクセスアップにつながる。(A.U.さん)
商品を使用している際の写真は、実際にイメージしやすいように撮るのが一番。洋服なら、単品で着ているところとこんな風におしゃれに使えるよ、というアレンジ例を紹介する写真、インテリアなら、実際置いた時の部屋の写真&サイズ比較になるものと一緒の写真など。(M.K.さん)
商品の画像は、買ってみないと分からなかったところ、自分の知りたかったところを撮るのがポイントです。お洋服や服飾雑貨は、コーディネイト例が一番参考になるようです。(E.I.さん)
写真を撮る際は、なるべく他の人が気付かないような利点を接写!例えばマスコット人形なら「こんなに細かい部分まで丁寧に作りこまれている!」という感じで、まつ毛や目などをクローズアップしたり…もちろんピントをバッチリ合わせることは必須です!(N.M)
自分が作成した写真画像の場合、背景は無地(白)にすることが多いです。余計なものが映っていないほうが商品の輪郭がはっきりしますし、インパクトも出ると思います。(T.U.さん)
レビューは必ず画像もつけて行い、具体的にブログへ書くようにしています。服の場合はトータルコーディネイトも画像掲載するようにし、相対的に見て頂けるように心がけています。(M.M.さん)
アフィリの商品画像より、実物の写真を皆さんは見たがっていると思います。洋服ならば着用画像などが多いと良いのかなと思います。あとは、モニター画像で伝わりにくい色目。本物の色はこんな色だということがわかるとお買い物しやすいと思います。(M.U.さん)
写真の撮り方 アフィリエイト用語集はこちら>>
写真の撮り方は、色・形など分かりやすいように撮ってます。角度を変えたり、商品に近い色や質感が出るように気をつけてます。商品紹介をする時は大きい画像を使うことが多いです。日記の最後に、「こんな商品もありますよ」という感じで小さい画像をいくつか並べて紹介することもあります。(S.K.さん)
商品を使用している際の写真の取り方は、商品の一方の各角と他方の各角を結ぶ交点との延長上から商品に向かって撮影する。(K.I.さん)
写真は室内の日光の良く当たる場所で撮ると自然でキレイに撮影できます。背景は板や窓だったりするとナチュラル感UP。(N.I.さん)
自分で商品写真をする場合、白い紙をレフ板代わりに使用するなどして、上手に撮る努力が必要だろう。(M.R.さん)
掲載する写真を撮影する時は背景に邪魔なものが入らないように気をつける。どのように使用しているかイメージがわくような構図にする。(F.Y.さん)
写真等はペットボトルなど大きさがわかるものと撮影し、サイズが比較できるようにする。(T.N.さん)
その他 アフィリエイト用語集はこちら>>
ダウンロードに時間がかかる大きな画像はひかえる。(Y.O.さん)
トップページが重過ぎないようにする。イラッとさせない。(S.S.さん)
複雑な商品を紹介するのに動画を利用するのも面白いだろう。その場合、動画投稿サイトを利用して、動画タグを取得、それをブログなどに貼ったほうが良いだろう。動画データを自分のサイトに置かない分、データ量を節約できるし、他のブログやサイトでも再利用できるからだ。(M.R.さん)
アフィリエイトの画像を広告のように使うよりも、写真のように自然に使うといいと思います。(A.W.さん)
▲上に戻る
アフィリエイトリンクの使い分け方のコツ
テキストリンクについて アフィリエイト用語集はこちら>>
通常のテキストリンクだと商品名以外の余計な文字が含まれている場合が多く、少々見苦しいので、テキストリンクはなるべく「URLから作成」を利用しています。文章の雰囲気を壊すこと無く自然にアフィリエイトリンクを挿入できるのが利点だと思います。(Y.T.さん)
画像リンクを使用する際は、必ずテキストリンクと併用しています。(画像リンクだけだと、それがクリック出来ると気づかない人が多いと感じます)(N.C.さん)
画像は効果的だと思いますが、検索などから売り上げをあげるためにはテキストのアフィリエイトリンクも一緒に載せた方がいいともいます。(M.M.さん)
商品に関しては画像リンクだけでなくテキストリンクも貼るようにしています。特に、携帯から見た場合、ブログの記事を開いただけでは画像が表示されなくて、「画像を表示」ボタンををクリックしなくてはならないのと、パケット代がかかるので、商品のタイトルが入ったテキストリンクは重要だと思います。(Y.S.さん)
ブログでメイン商品は大きい画像とテキストのリンクを併用し、関連商品はテキストのみを利用し記事を書く。あくまでメイン商品の記事であり、その記事の中に関連商品が出てくるときにテキストリンクを張っている。(Y.N.さん)
アフィリエイト用語集はこちら>>
バナーを選んで貼る時は、同じサイズのものを並べてスッキリ見やすくさせています。それぞれに、自分の感想やコメントを簡潔に書きます。(M.M.さん)
トップページに常に旬のバナーを入れておくと、記事で興味を持たれなくても、トップページからクリックされて売り上げになるかもしれません。(M.S.さん)
バナーは記事に関連するものを2種類選び、文章の上下に配置しています。その記事に関心を持ったということは、それに関連する商品にも関心がある可能性が高いので、たとえ紹介した商品が売れなかったとしても他の商品購入に結び付く可能性が出てくると考えています。(T.U.さん)
その他 アフィリエイト用語集はこちら>>
楽天のバナーを前面に押し出すような、アフィリエイト丸出しのサイトは敬遠されがちなので、あえてアフィリエイトのリンクは、画像も文章も極力少なくする。その上で、サイトの左上だとか、商品説明の文章中で重要だと感じる場所を厳選して、そこだけにリンクを貼る。それ以外の余分なエリアにアフィリエイトリンクを貼らない。(S.T.さん)
文章の途中にテキストリンク、最後に商品の画像リンクが効果的。(J.S.さん)
画像リンクを載せるときはショップリンクも載せるようにしています。ブログを見る方は楽天市場のショップに詳しい方が多いので、商品だけでなくどこのショップさんで販売しているものなのかも知りたい方が多いと思います。とにかく見やすく、そしてクリックしたくなるように、商品画像は大きいものを使っています。商品の写真は、ショップ画像では自分でも分からなかった点が分かるような写真を撮りたいと思って撮っています。(M.I.さん)
画像リンクと文字リンクを5行目までに入れるようにしています。文字リンクを文章中に入れて、一区切りついたところで、画像リンクを載せています。数が多すぎると、どれをクリックするか迷いますので、必要なページにすぐにいけるように、クリックするリンクは最小限にするといいと思います。(H.K.さん)
画像リンク&テキストリンクが文章の下に来たほうが、見た感じはいいと思います。先だと商品広告が主だと思われるからです。(H.R.さん)
▲上に戻る
見やすいレイアウトのコツ
テンプレート アフィリエイト用語集はこちら>>
テンプレートは見栄えをよくする上で非常に役立つものなので使って損はないと思います。(Y.K.さん)
無料のテンプレートを使って作成すると、とても見やすくて分かりやすいです。自分で作成できない人でも、こういった無料テンプレートを使うことができれば、かなり見栄えも良くなります。フリーページには、ここはどういうものを扱っているかというのをハッキリ書きます。(K.N.さん)
フリーページを使って、「雑貨屋」と題して、いろいろなもののアフィリエイトを載せています。テンプレートは、無料で配信しておられるところから頂いて、なるぺく、可愛らしいページつくりを心がけています(きちんと、ルールを守って使用させてもらっています)。商品を紹介する際、使用経験のあるものには、実際に使用してみた感想も載せ、見てくださる方の参考になるようにしています。たいがいは大きい画像を利用して、商品が見易いようにしているのですが、テンプレートによっては、小さい画像にしないとバランスが崩れてしまうものもあるので、臨機応変に使い分けています。(N.U.さん)
トップページにはたくさん入るテンプレートを使用してたくさんの商品を紹介する。紹介するといっても今、流行のものじゃないと誰もクリックしてくれないので常に色々なサイトを回り試行錯誤しながら商品を紹介している。(M.E.さん)
トップページでテンプレートを利用しておススメ商品を掲載したところクリック数が増えました。ただ写真を載せるだけでなく、「こういうところがおススメ」という自分の感想を載せておくのも良かったと思います。(A.A.さん)
テンプレートを配布している方のサイトを訪れていろいろ吟味して、使いやすくかつおしゃれに見えるテンプレートを採用しています。私の場合は使い勝手を考慮して、一度気に入ったテンプレはずっと使用しています。その方が短時間で中身を変えることができるので。そしてトップページに、1、季節ごとの子供服の紹介(育児ブログなので)、2、ママ用アパレル小物、3、小さい子がいるお家向けのおしゃれ雑貨の3つのカテゴリーでそれぞれテンプレートを使って紹介しています。適度にトップも更新することでトップページ掲載の商品のクリックも多くなります。(K.Sさん)
テンプレートは紹介する商品にこれといった統一テーマがない場合は不向き。使用によってかえって雑然とした印象を与える恐れがあるので私はあまり使っていません。(N.M.さん)
メニュー/カテゴリー アフィリエイト用語集はこちら>>
メニューカテゴリページにより、見やすく探しやすいレイアウトが必要だと思う。(K.T.さん)
カテゴリーは、再訪問してくれる人がわかりやすいように、分類を作るとよい。住まい(引越し)・住まい(リフォーム)などのように、大見出し+(小見出し)のボリュームがよい。(H.M.さん)
その他 アフィリエイト用語集はこちら>>
文字は大きめにし、画像の下には必ずテキストを入れます。キチキチに詰め込むのでもなく、かと言ってスカスカでもなく…見やすい画像配置と色の並びなどに気をつけるようにしています。(T.C.さん)
見ただけで読み取れるような、わかりやすい短い文で商品説明する。文字のレイアウトも重要。(R.R.さん)
全体を通して文章やバナーの配置に人の目線が一定のリズムで見渡せるような見易い流れを作ること。(M.O.さん)
全体のバランスを考える。学生のノートの取り方や社会人のレポートと同じで、見にくいバランスの悪い記事ではアフィリエイト成果も低い。キレイな文章構成の中で、的確にバナーも織り交ぜて行く。自分で撮った写真があるのも印象度が上がる。とにかく全体のバランスを最重要視。(M.S.さん)
画像とテキストは両方使用するほうが良い。単に片方のみだとやっぱりクリックするのをためらう。テンプレートは個性があるもので商品のジャマにならない程度の鮮やかさはあっていいと思う。後は、並べ方。文章と写真がしっかり一致して、上下左右とずれない事が大事。(M.M.さん)
トップページにアフィリエイトをたくさん見ると以降のページを見る気が失せるため、トップページにはテキストアフィリエイトを少しだけにする。商品がより綺麗に見える画像を選択。(T.K.さん)
TOPページを開いて、スクロールする前に商品の画像が見えるようにして、このページではどんな感じの商品が載っているか見えるようにしたこと。(T.K.さん)
1つのページに沢山商品を掲載するときも、アイテム・カテゴリごとに見やすくレイアウトする。テンプレートを使用して、画像掲載大・中・小を使い分けて、どれがおすすめなのかを明確にする。テキストリンクを沢山掲載するよりも、見た目のバランスをとって写真を掲載するほうが効果が高い。バナーに関しては大きいものを沢山はりつけるよりも、小さめのものを少なく掲載するほうが押し付けがましくない。(S.K.さん)
色とカテゴリ、ページレイアウトは統一する。安心できる色作りをする。画像は出来る限り大きめのサイズを使う。できるだけ多くのページを作る。(Sさん)
見やすいこと。読む人が理解しやすいこと。ついクリックしたくなるような順番でもってきます。具体的には、画像に回り込みで「つかみ」の文章を書きます。ここでは全体の、大まかな内容です。全体を説明して細部に入る感じで。画像はその全体とともに直感に訴えるので効果があると思います。でもこの画像をクリックして商品を買う人はまずいないでしょうね。私だったらクリックしないと思います。さらっと印象に残る程度です。そして全体から細部へと文章をつないでいって、途中で1、2度、商品の直接リンク、関連リンクを挟み、記事の最下部に、本命の直接リンクと関連リンクを貼ります。(H.K.さん)
画像の近くに価格、ショップ名を書くと良いですね。出来れば記事のテキストと違うフォントカラーを使えば、流し読みの方にも商品が伝えやすく成ります。(A.T.さん)
まず大きな画像をトップに持って来て興味を引き寄せる。そして、その後に文章をちょこちょこ織り交ぜながら、アフィリエイト商品を小出しに紹介していく。画像ばかり、文章ばかり、だと読み手としては疲れるし飽きてしまうので、いい塩梅になるように文章とアフィリエイト画像を織り交ぜる。そして最後にイチオシのアフィリエイト画像を紹介する。関連する商品もついでにさり気無く紹介してしまう。(例えばコスメがテーマの日記に「因みに今日は●●のベーグルを食べました」とか、「因みに今日のお洋服はコレです!!」とか)(E.K.さん)
▲上に戻る
パートナーの皆さんからの、「記事の作り方のコツ(画像/レイアウト編)」は参考になりましたでしょうか?ぜひ参考にして記事を作成してみよう。
次回のノウハウは「記事の作り方のコツ(ツール編)」となります。お楽しみに!


初心者ガイド
楽天アフィリエイトとは? | アフィリエイトのはじめ方 | アフィリエイト商品やショップの探し方 | アフィリエイトリンクの作成方法 | アフィリエイトレポートについて | 成果報酬・料率ランクについて | よくある質問集
アフィリエイトツール
楽天モーションウィジェット | 楽天市場の季節特集バナー | お気に入りブックマークリンク | 友達にメールですすめる | 楽天ウェブサービス
ノウハウ道場
アフィリエイト成功事例 | アクセスアップの秘訣とは? | 売上ゼロからの脱出方法 | サイトのテーマを決めるコツ | 成果をあげやすい商品選びのコツ | 思わず買いたくなる記事の作り方のコツ(文章編)| 思わず買いたくなる記事の作り方のコツ(画像/レイアウト編) | アフィリエイト用語集
ヘルプ・レポート他
ヘルプ | レポート | 登録情報の確認 | 規約 | 成果報酬支払い方法変更のお知らせ

【楽天アフィリエイト】商品を紹介してポイントを稼げる!自動更新やおしゃれで便利なブログパーツが充実!目指せ報酬アップ!