【楽天アフィリエイト】日本最大級のアフィリエイトプログラム

商品・施設名で探す
ページのURLを入力

高料率ショップから探す
高料率ショップ一覧
商品別報酬ランキング
高料率ショップランキング
商品 / ショップから探す
楽天市場のバナー
楽天グループから探す
有名ショップから探す
ジャンルから探す
その他の紹介方法
簡単リンク作成ツール
楽天モーションウィジェット
Twitter,SNSで紹介する
メールで紹介する
成果レポート
お知らせ

初心者の方はこちら
これからはじめる方へ
楽天アフィリエイトとは?
楽天アフィリエイトのはじめ方
商品やショップの探し方
使い方を知りたい方へ
アフィリエイトリンクの作成方法
アフィリエイトレポートについて
成果報酬・料率ランクについて
ショップの料率制度について
よくある質問集
ノウハウを知りたい方はこちら
成果報酬アップを目指そう
みんなで作る アフィリエイト ノウハウ道場
[1]アクセスアップの秘訣とは?
[2]売上ゼロからの脱出方法
[3]サイトのテーマを決めるコツ
[4]商品を選ぶコツ
[5]記事の作り方(文章)
[6]記事の作り方(画像/レイアウト)
[7]効率的なアフィリエイトのコツ
[8]みんなの成功話&失敗話

アフィリエイト活用事例

2014年に建てたマイホームで夫婦2人と犬1匹で暮らしており、北欧雑貨、家のこと、ワンコのことなどを綴っています。
1ヶ月の獲得
106,828ポイント

北欧インテリアを目指して、お家のこと、北欧雑貨のこと、楽天で購入したものなどを紹介しています。
1カ月の獲得
7,330ポイント
活用事例に応募する >>  

楽天レシピに投稿してアフィリエイトをはじめよう!
楽天アフィリエイトトップアフィリエイトノウハウ道場記事の作り方のコツ(文章編)
みんなで作るアフィリエイトノウハウ道場〜Part5〜 思わず買いたくなる記事の作り方のコツ(文章編) 楽天アフィリエイトを活用しているパートナーの声を集めました!
みなさんは商品を紹介する際に、紹介した商品を買ってもらうためにどんな工夫をされているでしょうか?自然な形で、アフィリエイトを結びつける方法、商品へ関心をもってもらう秘訣、キャッチフレーズ/タイトルのつけ方などについて、パートナーのみなさんが考える、「思わず買いたくなる記事の作り方のコツ」をご紹介します。
皆様の体験談を踏まえたノウハウなどをお教えください。アンケートはこちら>>
■アフィリエイトノウハウ道場シリーズ
▼Part1 アクセスアップの秘訣とは? ▼Part2 売上ゼロからの脱出方法 ▼Part3 サイトのテーマを決めるコツ
▼Part4 成果をあげやすい商品選びのコツ ▼Part5 記事の作り方のコツ(文章編)
▼Part6 記事の作り方のコツ(画像/レイアウト編) ▼番外編 アフィリエイト用語集
記事の書き方(初級)
お得な情報を書く
メリット・デメリットを書く
商品の具体的な情報を書く
記事の書き方(中級)
商品の使い方を書く
関連の商品・ショップも同時紹介
購入者の立場に立った情報を書く
記事の書き方(その他)
ショップの紹介について
未購入商品の紹介方法
その他
タイトルの選び方/SEO対策(キーワード)
タイトルについて
検索にヒットするキーワードの選び方
 
記事の書き方(初級)
お得な情報を書く アフィリエイト用語集はこちら>>
お気に入りにためておいた商品を朝イチに見て、安くなっていたりポイントが高くなっていたら即ブログの冒頭に載せます。自分が楽しんで商品を使い、感想を率直に書くのが一番です!(K.Y.さん)
お得感を押し出す。たとえば以前やっていたキャンペーンと比べてどう違うか、それを試したときの感想、類似商品との比較など、持っている知識を最大限に盛り込むこと。(H.H.さん)
楽天のポイントがアップしている時期などをしっかり紹介。(A.M.さん)
送料無料やメール便発送可能の商品を載せる。(Y.O.さん)
メリット・デメリットを書く アフィリエイト用語集はこちら>>
批判的な意見もありながら、良い所もきちっと評価されていると参考になります。使用感は買ってみないと分からない部分を紹介する重要なものです。写真など交え、できるだけ詳細に記載されていると嬉しいですね。メーカーやショップの広告とは一線を画し、買い手の情報源としての質を保つ事こそ重要だと思います。(H.Y.さん)
自分自身が見たり使ったりしたものをメインに、ショップの宣伝文句に頼らず、なるべく自分の言葉で紹介する。その際、商品を誉めるばかりでなく、自分が感じたデメリットなどもあれば素直に書く。それにより、紹介文にも信憑性が生まれるので参考にしてもらいやすくなる。買ったことのない商品を紹介する場合には、自分がその商品のどこが気に入っているかなどをなるべく詳細に書く。(K.T.さん)
商品の良いところ悪いところをきちんと素直に書く。その上で、良い点を強調し、できるだけ細かく書く。しかし、全部は書かない。見てみようと思ってもらえるよう、全体の80%程度を書く。文章のボリュームは長文にならないよう気をつけ、言い切りの形で表現する。記事のタイトルにキーワードがきちんと入っているようにする。(J.S.さん)
商品の具体的な情報を書く アフィリエイト用語集はこちら>>
通販は実際に商品を手にとって購入できないので、実際に見た商品は必ず生地の厚み、実物と画像の違い(暗い、明るい、この店が実物と一番近い色)、見た目より大きめ、小さめ等、必ず個人的な感想として書き加えています。(M.M.さん)
自分にとってどれだけよくて嬉しかったか、という感想ではなく、実際使ってみないとわからない仕様やサイズ、耐久性などを具体的に書く。最初の一言にインパクトがある言葉を入れる。想像より10倍かわいかった、など数字を具体的に使う。(S.S.さん)
人気のある商品で、値段の高めのもの、店頭で試しにくいものについて、色合いやイメージ、味、使い勝手などについて説明があると嬉しいと思います。(A.R.さん)
▲上に戻る
記事の書き方(中級)
商品の使い方を書く アフィリエイト用語集はこちら>>
この商品を使うとこんな利点が、とかこんな使い方をしても、というアイデアを一緒に書く。(M.N.さん)
商品を使いこなす技や簡単レシピを盛り込む。(Y.S.さん)
食材の紹介では、自分で作ったレシピを掲載すると効果があると思う。(T.F.さん)
他の人がレビューに書かない使い方を発見したときもブログに載せます。(K.Y.さん)
使用直後の感想と、後日談的な上手い利用方法など、発見した、気付いた所を紹介するのも参考になると思います。(T.K.さん)
実際に購入したものであれば、それをどのように活用して、どういう風に役立っているか、というところまでブログの記事に書きました。その際、写真とかを撮り、わかりやすい画像を載せると尚売上が上がりました。私の場合、洋服を購入することが多かったので、買った洋服を実際に着てみて、どういう風にコーディネイトした、など画像と合わせて説明したりすると、よく売れました。(Y.K.さん)
関連の商品・ショップも同時紹介 アフィリエイト用語集はこちら>>
だいたいが楽天内でお買い物をした商品を自分でとてもよかったと思った時に利用。その時、他に気になった商品だったり、比較対象商品だったり、もっとお安く買えるお店を一緒にご紹介したりしてます。楽天ショップでお買い物した時は梱包方法もどんなふうに送られてきたかも一緒に写真を撮るようにしてます。(A.T.さん)
レビューでは、ある特定商品の評価を記載すると同時に、同価格帯の検討するであろう他の商品も必ず乗せることで、クリック率をアップさせる。関連するバナーを必ず貼り付ける。(D.X.さん)
買いたいものの場合、同じような商品の中で自分が選んだ数点を集め、「この商品は色が綺麗だけどちょっと高い」や「こっちはお買い得だけれど丈が長すぎてしまうかも…?」と、記事の中で比較しながら紹介しています。(A.T.さん)
購入した福袋の紹介をトップにのせる。類似する福袋やブランドのお得情報を一緒にのせる。価値観はあるが、好きなブランドやメーカーを見ている人はリンクしやすくなり効果的。自分が良いと思ったものやお店を紹介したほうが同じ価値観や生活観の人に見てもらいやすいような気がする。(E.K.さん)
購入者の立場に立った情報を書く アフィリエイト用語集はこちら>>
私は下記3つのURLを記載するようにしています。これによりユーザービリティの高いブログに仕上がります。
・「少しでも安く買いたい」という人向けに、ある商品を検索後、安い順に並べたページのURL
・「買う前にできるだけ多くの購入者の声を聞きたい」という人向けに、ある商品を検索後、レビューの多い順に並べたページのURL
・「ネット通販は送料がネック」と思っている人向けに、ある商品を検索後、「送料無料」を条件で抽出したページのURL(O.I.さん)
アフィリエイトをする際に大事なことは売る立場でなく、買う立場に立った文章を作ることだと思います。売る側に立つと商品機能の説明することに重点を置き、あれもこれもと商品説明をダラダラと続けてしまいます。商品を購入する人は機能自体よりも、その機能の使用感が知りたいのだと思います。だからレビューがあれば必ずと言っていいほど見るでしょうし、そのレビューの善し悪しが商品の売れ行きを決めると言っても過言ではありません。自分が購入した商品を勧めるのであれば「どこが気に入ったのか」ということに重点を置いて文章を書くほうが購入者の心に響くような気がします。(T.U.さん)
実際の使用例や使用感(悪い点も含めて)をレビュー感覚で紹介するようにしています。私自身、商品を購入するとき、他のブログの記事や楽天のレビューを参考にするので同じように、自分だったらこういう点を知りたいだろうなと考えながら他の方の購入の際の参考になるような書き方をしています。(Aさん)
読者は何を知りたいのか。求めているのか。そこをまず考えて、読者が満足(納得)できるような内容を心掛けています。読者主体で考えればタイトルのつけ方や文章の書き方など、おのずと決まってくるのではないでしょうか。それプラス、私個人の視点も大切にしています。どのサイトも似たような読者の引き方では差別化できないので。もともと私も読者(消費者)の1人だから、私の意見として正直に書きます。リンクの貼り方などは、楽天さんを参考にしています。楽天市場の気になるリンクを、クリックしたいと思ったのは、なぜなのか。まず自分を分析してみます。(H.K.さん)
▲上に戻る
記事の書き方(その他)
ショップの紹介について アフィリエイト用語集はこちら>>
基本的に商品の紹介を書きますが、人気商品だったり同じ商品で複数のショップかあると、ショップ名を書いて「このショップでは残りわずかですが、楽天では他にも取り扱っている商品があるよ」とショップの紹介をすることがあります。(S.Y.さん)
基本的に商品の紹介をしています。その中のつながりとして、他店の同じ商品と比べたり、逆にその商品のあるお店のほかの商品を一緒に載せたり…モノによって使い分けてます。セールが始まったり、全品送料無料などのキャンペーンを開催されてる時はお店メインの紹介をすることもあります。(S.K.さん)
お店のリンクを最初に行い、商品を紹介しています。お店の説明については、送料等の説明をするようにしています。(こちらはメール便OK、こちらは送料無料基準が低い等)(M.M.さん)
商品とお店の紹介はいつも迷うのですが、ここのお店は私好みの物がたくさんある、というお店の場合はトップページにもお勧め店舗として紹介し、個々の商品に関しては日記の欄外にお勧めアイテムとして毎回ピックアップして載せています。(K.S.さん)
未購入商品の紹介方法 アフィリエイト用語集はこちら>>
未購入の商品をお勧めするときも、本当にお買い得で自分で買いたい商品を載せるようにしています。そんなときはレビューを読みまくり、使った人の意見として載せます。(K.Y.さん)
未購入のものをうまく紹介するのは、自分が欲しいと思ってて、周りにだれかが同じものを持っていて、すごいいいんですよ!とアピールすること。できれば本当に買おうと思っているものをアピールして、実際に買って、レビューもする。単にアフィリエイトをぺたぺた貼りつけて、アフィリエイトでポイント稼ぎしているんだと思われることが一番ポイントにつながらないと思います。(Y.K.さん)
未購入の物は、欲しい物としてこんなふうに使いたい、とか、こんな時にこれがあれば便利なのに、とか、ただ欲しいというだけでなくなぜ欲しいのかも書くと、自然に読めるかも。(M.I.さん)
楽天市場内で未購入の商品でも、他の百貨店・スーパー・コンビニなどで購入した商品の紹介した際に、アフィリエイトの売上が上昇したことがあります。こういった他店で購入した物でも、対象の商品の品質などを理解しているので購入者の参考になり、こういった紹介方法もありだと思います。(T.H.さん)
実際に購入して、使用した感想はかなり確率高いのですが、未購入のものでも実店舗等でリサーチしたりした結果を出したりしています。(「近所のお店を回って調べましたが」送料込みでもこのお店の商品最安値!とか。)(K.K.さん)
未購入のものは基本的に自分も欲しい物を載せ、自分が欲しい理由、でも買えない理由を書いています。そうすれば、買えない理由に当てはまらない人が購入に行くのでは無いかと思います。「チョット高いから買えない」と書けば「この記事を書いた人は買える値段じゃなくても、私はお給料入ったばかりだし買えない値段じゃないな」と思わせます。(S.Y.さん)
未購入の場合は、その旨を正直に言い、使用してる人の体験談を求める。(Y.O.さん)
その他 アフィリエイト用語集はこちら>>
自分が欲しいものがあった時の経緯と探した時の状況・感想を詳しく書くようにしています。また、最終的に決定した時の理由・商品が届いてからの感想など。(E.Kさん)
商品中心に進めていますが、その商品に種類(服や靴ならサイズや色、食品なら味や量)がある場合は多くの種類をそろえているお店を一緒に紹介してあげることで見ている人に選んでもらう幅を持たせたほうがいいと思います。(Hさん)
押しつけがましい文言、商売根性丸出しの文言は避けます。例えば「買い時」「買わなきゃ損」などです。「絶対」なんてフレーズは使いません。印象・感想は人それぞれで、絶対なんてことはありません。ただ自分の感想を正直に一言添えるだけでいい気がします。いいことならもちろん、悪いこともです。(R.E.さん)
欲しくなった理由、買った理由を書くのが一番効果があったと思います。(S.Y.さん)
実際自分が購入するときは、色々比較検討しながら購入するので、自分の購入の条件等を列挙して、購入した商品を紹介します。(Aさん)
色々検討するので、記事の最後に検討したが購入に至らなかった商品をいくつか紹介するようにしています。(Aさん)
たまに自分が探したい商品(例えば評判のいい化粧品とか)がなかなか見つからず、ランキングで上位のものをいくつか載せてみて、「どれがいいと思いますか?」的な記事を書いて成果に結び付けると同時にブログ閲覧者からの意見ももらう、という方法も使います。(Y.N.さん)
ペットの話を書くときに、一緒に商品を載せる。例えば、ネコの話を書くときに、「ネコのデザインの商品」を紹介すると、ブログを読む人はネコ好きな人なので、商品を気に入って買ってくれることがある(と思う)。この時、ネコ模様のマグカップであったり、カバンであったり、ジャンルは問わずに自分の感覚で面白いと思ったもの載せる。(N.U.さん)
商品データ等は公式リンクなどで簡単に済ませて、使った上でのレビューをメインにしたほうがPVは高いように思う。(K.O.さん)
お手軽ジャンルカスタマイズリンクで、安値検索結果を作る。(K.S.さん)
頭で読むより視覚で訴えるようにしています。(S.Y.さん)
携帯でも見やすいように画像リンク+テキストリンク両方を掲載するようにしています。(S.M.さん)
購入した物は、購入したときに購入した理由で1記事。商品が届いたら使用感想で1記事書いています。(S.Y.さん)
商品データは自分が購入する決め手となったものくらいは載せる。後は、説明になくて買う時に「どうかなぁ」と疑問に思ったところなど、実際に届いてどうだったかを書くようにしている。(F.Y.さん)
商品の紹介については、本当に関連したもの(ポケモンなら同時に発売する2種)だけを絞り、記事にまとめます。ポケモンの記事とドラクエの記事は別々にするなど「そこにしか興味がない人」を引きつけるのがポイントではないかなと思います。(N.I.さん)
▲上に戻る
タイトルの選び方/SEO対策(キーワード)
タイトルについて アフィリエイト用語集はこちら>>
記事を書く時に私が一番気を配るのは、タイトルと出だしの1行です。記事を投稿すると、ブログ一覧やクチコミテーマに表示されます。私自身が、そこに興味を引かれて読みにいく、ということがしばしばあります。ランキングサイトなどでも、タイトルと最初の文章が表示されます。「何が書いてあるのか」を的確に示すタイトルと、「思わず読んでみたくなる」文章の出だし、これがポイントです。(T.C.さん)
分かりやすいタイトルをつける。分かりやすいタグをつける。(K.I.さん)
ブログ記事のタイトルに、具体的な商品名と<レビュー><評価>などの単語を入れて、検索で引っ掛かりやすくする。(D.X.さん)
なるべく商品名と値段が前のほうにくるようにしてます。長すぎるタイトルだと新着一覧でタイトルの後半がカットされることがあるので。(S.K.さん)
ブログのタイトルは重要です。紹介したい商品をタイトルだけで分かりやすく紹介します。「激安」「福袋」「送料込み」「ポイント10倍」などもタイトルに入れると伝わりやすいです。楽天ブログの場合、これらの単語でタグを利用するのも良いです。(A.A.さん)
特典について、タイトルに載せる。金額が安ければ、金額を。送料無料が魅力なら、送料無料と記載している。(M.S.さん)
タイトルについては、その商品に特化する場合はブランド名と商品名前と単純に明記、おすすめ商品が複数の場合は、季節や時期に応じたつけ方を心がけています。(M.M.さん)
「注目しているものがあります。」「これは買います。」「これは○個は確定で買います。」というタイトルや出だしで始める商品は、クリックが多いように思います。RSSなどの場合、記事タイトルと出だしの数行で引きつけて記事を読んでもらうことが肝心だと思います。(N.I.さん)
タイトルはそのとき話題になっているキーワードを入れるようにしています。有名人が結婚したときには、「●●さんも使っていた●●」のようなタイトルにします。(H.H.さん)
タイトルは何の商品でどんな効果があるか一目で分かるように『【効果】○○で紹介(○○さんも愛用など)商品名』のようにつけています。そしたらこの商品が欲しかった人や気になった人のアクセスが増えるので購買力にも繋がると思います。(Y.N.さん)
タイトルはSEOを考えて、検索サイトの検索ワードで関連性のある事柄を含めること。(H.K.さん)
キーワードについて アフィリエイト用語集はこちら>>
キーワードは目立つように、文字の大きさや色を変えるようにしてます。でもしつこい&押し付けがましい印象にならないように、多様しすぎないように気をつけてます。(S.K.さん)
日記のタイトルにアフィリエイトで紹介する商品のキーワードを入れる。例えば、「可愛いおもちゃ」とか「仕事(資格取得)で役に立った本」などです。(N.U.さん)
キーワードについては、ひらがな、カタカナ、他の言い回しなど、色々な表現の仕方で文章を書いた方が、自分のサイトが検索される可能性が高くなると思います。(A.A.さん)
タイトルと最初の一文とに検索されやすいキーワードをできるだけ入れる。キーワードの組み合わせでユニークな検索結果が出せるよう工夫する。(P.O.さん)
キーワードの数は10、20程度は含めると効果的だと思います。(H.K.さん)
▲上に戻る
パートナーの皆さんからの、「思わず買いたくなる記事の作り方のコツ」は参考になりましたでしょうか?ぜひ参考にして記事を作成してみよう。
次回のノウハウは「思わず買いたくなる記事の作り方のコツ(画像/レイアウト編)」となります。お楽しみに!


初心者ガイド
楽天アフィリエイトとは? | アフィリエイトのはじめ方 | アフィリエイト商品やショップの探し方 | アフィリエイトリンクの作成方法 | アフィリエイトレポートについて | 成果報酬・料率ランクについて | よくある質問集
アフィリエイトツール
楽天モーションウィジェット | 楽天市場の季節特集バナー | お気に入りブックマークリンク | 友達にメールですすめる | 楽天ウェブサービス
ノウハウ道場
アフィリエイト成功事例 | アクセスアップの秘訣とは? | 売上ゼロからの脱出方法 | サイトのテーマを決めるコツ | 成果をあげやすい商品選びのコツ | 思わず買いたくなる記事の作り方のコツ(文章編)| 思わず買いたくなる記事の作り方のコツ(画像/レイアウト編) | アフィリエイト用語集
ヘルプ・レポート他
ヘルプ | レポート | 登録情報の確認 | 規約 | 成果報酬支払い方法変更のお知らせ

【楽天アフィリエイト】商品を紹介してポイントを稼げる!自動更新やおしゃれで便利なブログパーツが充実!目指せ報酬アップ!